atopy

アトピー性皮膚炎の方のお肌は、表皮の脂質の量が少なく乾燥しやすいのが特徴といえます。そのため、皮膚のバリア機能が弱く、外部からの汚れやアレルゲンとなる物質の侵入を容易に許してしまい、湿疹化してしまいます。湿疹ができると、痒みが出て、かき壊すと、とびひやみずイボのような感染症にかかり易く、更に悪循環となってしまいます。また皮膚から蒸発する水分が多いため、喉が乾きやすく、汗や尿の量が少なくなる傾向があります。

ところで、患者さんの中には、不潔さは痒みの原因として思慮されている方が多いように思います。確かにバイ菌が繁殖することにより痒みが増す場合もありますし、アトピー性皮膚炎の患者さんに関しては、普段健常者には悪さをしないバイ菌が症状を悪化させる可能性もあります。しかし、このような状況においてバイ菌を除去したところで、元々の皮膚が悪化している状態ではすぐにバイ菌が再繁殖するだけで、消毒等の除去行為がかえって肌の負担や刺激になり、症状が悪化することも多々見受けられるのが実情です。また、アトピー性皮膚炎の方は湿疹や浸出液で皮膚がいたんではいるのですが、皮脂の分泌も少なく、決して肌が不潔な状態というわけではありません。

このような状況にて入浴・洗顔をされるときに大切なことは敏感肌用の石鹸・シャンプー・洗顔剤だからといって過信しないことです。

敏感肌用の商品は刺激が少ないのであって、刺激がゼロというわけではありません。ましてや、湿疹の場所は触れるだけでも刺激になる可能性があり治るのが遅れていく可能性があります。

従って湿疹の悪化しているときは、化粧の洗顔(メイクオフ)以外はぬるま湯ですすぐ程度にし、洗顔後もタオル等を押し当てるように水気を取って決してこすって拭いたりしないようにしてください。

そしてお肌の状態が改善した後、徐々に普段のスキンケアをするようにしてください。

東京 中野区 中野新橋駅 徒歩0分
皮膚科 美容皮膚科 コスモメディカルクリニック

院長 木原綾子