biyou_shiwa

皮膚の老化現象には、一般老化と紫外線などによる光老化があります。
これらを部位別に分けると、乾燥・萎縮・しみ・浅いシワと言った表皮の老化深いシワ・たるみといった真皮の老化に大別できますが、今回は真皮の老化に注目したいと思います。

真皮を構成する重要な成分としてはコラーゲン、弾性線維、ムコ多糖などがあります。
しかし、残念なことに真皮のコラーゲン量は加齢とともに減少します。これは遺伝子の制御のもとでコラーゲンを産生する線維芽細胞が減少するためコラーゲン増殖量が減少量を下回るために起こります。また生活環境に伴って発生する活性酸素やフリーラジカルによりコラーゲン線維同士の結合が強くなり過ぎて柔軟性や収縮性が弱くなり、さらにコラーゲンや弾性線維を切断する酵素を活性化し、ハリのない皮膚やシワが作られてしまいます。

そして、ムコ多糖も加齢とともに減少します。ムコ多糖の主成分はコンドロイチンとヒアルロン酸でこれらの成分は他に類を見ない優秀な保湿能力を持っており、非常に大量の水分を保持することが出来ます。
これらの成分が減少することは柔軟性の少ないハリのない皮膚になってしまう一因といえます。
予防として大切なことは皮膚に活性酸素やフリーラジカルが発生する重要な因子である紫外線照射をできる限り避けることです。

次にしっかりした保湿ケアです。
水分の少ない肌は皮膚のターンオーバーを遅らせることにより表皮にメラニンを貯留し易くするだけでなく、真皮中の水分保持もできなくなり、真皮の支持組織に対する負担にも繋がります。
保湿ケアは肌に十分な潤いを与えるということだけではなく、自分のお肌で一生懸命つくられた潤いを奪われないようにすることも肝要です。

特に空気が乾燥する日等は、適度な皮脂を残すために思い切って朝は洗顔料を使わず水だけの洗顔でも良いと思います。
自己流の強い顔へのマッサージもおすすめできません。
年老いるごとにコラーゲン線維の柔軟性も乏しくなり、弾性線維も弱くなっていくにもかかわらず、強い物理的エネルギーはさらに真皮の支持組織を損傷する可能性があるからです。
最後は食事・睡眠といった生活面のケアになります。これらの不摂生は体内の活性酸素やフリーラジカルの増産誘導につながります。できるだけ緑黄色野菜を摂り、高カロリー高脂肪食を控え、十分な睡眠をとり、疲れを残さないように心がけましょう。

治療としては内科的治療として、ラジオ波や強力な光による治療が行われています。これらの治療の原理は真皮に火傷をしないように熱エネルギーを加えることにより、皮膚の創傷治癒過程に増加するコラーゲンなどの再生する因子を誘発する目的として行われています。出力を強くすれば効果もあがりますが、皮膚の乾燥状態の見定めができないと軽い火傷のリスクを伴うこともあります。

気になる部位にコラーゲンやヒアルロン酸を補充するというのもリスクが少ない治療といえますが、異物を注入するので、稀にアレルギーが発現することがあります。また、注入物が時間の経過と伴に減少するため、追加注入が必要になります。
近年、平均寿命も医療技術も飛躍的に向上し、アンチエイジングは新時代を迎えています。美容医療にかかわるものとして、多くの女性を診てきましたが、本当にハツラツと若々しい女性が増えたと実感しております。規則正しい健康的な生活と「もっと綺麗になりたい」という前向きさこそ心の若さにもつながるように思います。

肌老化の80%は光老化であるといわれています。
つまり生まれて一度も太陽に当たらずに生活した100歳の方の肌年齢は、20歳ということになります。
紫外線はお肌の天敵です。
日ごろのUVケアをしっかり行ってください。

東京 中野区 中野新橋駅 徒歩0分
皮膚科 美容皮膚科 コスモメディカルクリニック

院長 木原綾子