中野新橋駅徒歩0分【皮膚科・アレルギー科・美容皮膚科・形成外科】各種保険取り扱い・ジェネリック医薬品取り扱い

口唇ヘルペス

口唇ヘルペスとは

口唇ヘルペスとは、単純ヘルペスウイルスの感染により、唇やその周囲に小さな水ぶくれができる病気です。乳幼児期に初めて感染した際は、たいてい症状がでません(不顕性感染)が、その後ウイルスは神経節にひそみ、風邪・発熱・疲労・紫外線・ストレス・その他病気により体の抵抗力や免疫機能低下がきっかけとなり、皮膚に症状が出ます。

口唇ヘルペスの症状

水ぶくれが現れる前に、その部分にピリピリ、ムズムズなどというかゆみ、違和感を感じます。初感染では唇全体に、5-7㎜大の水ぶくれが、再発型では1-3㎜大の水ぶくれが出現します。

その後半日くらいで赤く腫れ始め、2、3日後に水ぶくれができ始め、1週間程でかさぶたになり治ります。

治療方法

症状が出始めてから、なるべく早期の段階で抗ウイルス薬の飲み薬を開始します。

再発を繰り返す方は、ぴりぴり、ムズムズの前駆症状の段階で抗ウイルス薬の内服を行っていただきます。水ぶくれ部分には、軟膏を塗っていただきます。

TEL 03-6454-1545 【休診日】木曜・日曜・祝日

PAGETOP