中野新橋駅徒歩0分【皮膚科・アレルギー科・美容皮膚科・形成外科】各種保険取り扱い・ジェネリック医薬品取り扱い

小児皮膚科

子供の皮膚の病気

akachan_asemo小さなお子さんの肌はバリア機能が弱く、様々なトラブルが生じやすい状態にあります。 その中で比較的よくみられるものについて述べます。

あせも(汗疹)

夏の高温多湿の環境下で大量に汗をかいた際に一時的に汗の排出障害がおこり出現します。あせもの種類により水晶様汗疹(1mm前後の水滴様の小水疱)、紅色汗疹(数mmの赤いブツブツで痒みを伴います)、深在性汗疹に分けられます。
対処法は、通気を良くしたり、室温調節等の生活環境を見直し、シャワー浴で皮膚を清潔に保つ、吸水性の高い衣類を選択することも重要です。スキンケアだけでも治りますが、痒みがある時には湿疹に準じた治療を行います。

おむつかぶれ

乳児は水様便や軟便で回数が多いため、それが肌に刺激となり、赤くなったり、ブツブツができたり、ひどくなるとただれてしまいます。特に夏場はむれやすいため、悪化します。
刺激をなるべく避けるため、こまめなオムツ交換に気をつけ、可能であればシャワーでの洗浄が望ましいです。オムツ交換毎に保護クリームをつけましょう。ただれてしまった時や治りにくい時は皮膚科へ受診してください。カンジダという真菌が原因の皮膚炎もよく見られますので、顕微鏡による真菌検査もお勧めします。

脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)

新生児の頭皮、顔(特に眉毛部、額部)にみられるかさかさ、赤いブツブツができ、ひどくなると厚いかさぶたが付着します。これはホルモンの影響で、皮脂の分泌が多くなるために起きます。
軽い場合はスキンケアだけで改善していきますが、ひどい場合は治療が必要になります。
皮脂の分泌が落ち着く、3ヶ月くらいまでには自然に症状は軽くなっていきます。

食物依存性運動誘発アナフィラキシー

原因となる食物を食べたり飲んだりした2-3時間後に運動すると起こる、 急性の全身性のアレルギー反応です。原因は明らかにはされていませんが、運動により消化管粘膜の虚血により粘膜のバリア機能が低下し、未消化な食物抗原の吸収の増加が関与することが明らかとなっています。

接触性皮膚炎(せっしょくせいひふえん)

いわゆるかぶれです。乳児は、皮膚のバリア機能が弱く、よだれや食事が刺激になり口の周りが赤くなったり、ブツブツができます。よだれや食事の後は濡れたガーゼ等で拭き取り、保護のクリームを塗り、こまめなスキンケアに気をつけてください。それでも治りにくい時は皮膚科受診をし、治療が必要になります。

その他にも以下のような症状でもご相談いただけます。

また生まれつきあるものの相談でよくみられるものには以下のようなものがあります。

  • 赤あざ(サモンパッチ、ウンナ母斑、単純性血管腫、いちご状血管腫)
  • 茶あざ(扁平母斑)
  • 先天性母斑細胞母斑
  • 青色斑(異所性蒙古斑、蒙古斑、太田母斑) など

多くは治療の必要がなく、中には自然に消えてしまうものもあります。
不安に思われたらまずはお気軽にご相談ください。

TEL 03-6454-1545 【休診日】木曜・日曜・祝日

PAGETOP