お悩み別の原因やアドバイスはこちらをご覧ください

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは皮膚のバリア障害があり、様々な因子による刺激反応やアレルギー反応が皮膚に生じて起こる慢性、再発性の疾患です

詳しくはこちら

ニキビ

ニキビは毛穴に蓋ができて、皮脂が貯まりると白ニキビ。そこに炎症が加わると赤ニキビ、炎症性ニキビとなります

詳しくはこちら

ほくろ

気になるほくろがありましたら、受診することをお勧めします

詳しくはこちら

イボ

「イボ」とは、皮膚から盛り上がっている小さなできもの一般を指す俗語です

詳しくはこちら

シミ

シミの治療をするには、まずは自分のシミのタイプを知ることが大切です

詳しくはこちら

うおのめ・たこ

痛みがなくても異常をかんじたら受診を

詳しくはこちら

蕁麻疹(じんましん)

蕁麻疹(じんましん)とは、強いかゆみとともに、赤みを伴って、皮膚の浮腫み(みみずばれのような)が出現する疾患です

詳しくはこちら

多汗症

多汗症とは、汗が本来の役割を超えて大量に発汗してしまう症状のことを言います

詳しくはこちら

円形脱毛症

円形脱毛症とは、何の前触れもなく突然、髪の毛が抜け始める病気です

詳しくはこちら

水虫

水虫は白癬菌というカビ(真菌)が皮膚に付着し、侵入すると起こる感染症です

詳しくはこちら

巻き爪(陥入爪)

爪の先端または側面が、爪の周りの組織(いわゆる肉)に食い込み、赤く腫れ、痛みを伴うことをいいます

詳しくはこちら

アレルギー

アレルギ-は、身体に備わっている防衛機能である免疫反応が、 特定の抗原“アレルゲン”に対して過剰に反応することをいいます

詳しくはこちら

小児皮膚科

小さなお子さんの肌はバリア機能が弱く、様々なトラブルが生じやすい状態にあります。 その中で比較的よくみられるものについて述べます

詳しくはこちら

虫さされ

蚊、ブヨ、ノミ、ダニ、ハチ等の昆虫が吸血、刺咬、接触することで皮膚に侵入する唾液成分や毒成分によって生じる刺激性、アレルギー性の炎症反応のことをいいます

詳しくはこちら

とびひ

水疱性膿痂疹は乳幼児、小児によく発症し、夏季に多いのが特徴です

詳しくはこちら

やけど・しもやけ

やけどは初期治療が大切です。やけどをしたら、まず水道の流水で冷やしてください

詳しくはこちら

乾癬(かんせん)

慢性の皮膚の炎症性疾患で、皮膚の赤みや盛り上がり、フケのような白いかさぶた・痒みが主な症状です

詳しくはこちら

帯状疱疹

原因は水痘・帯状疱疹ウイルスにより起こります

詳しくはこちら

口唇ヘルペス

単純ヘルペスウイルスの感染により、唇やその周囲に小さな水ぶくれができる病気です

詳しくはこちら